いちばん自然な寝姿勢で、いちばん身体にやさしい眠りへ。

5つの特長

  • 1最先端技術の特殊立体構造
  • 2体に自然な寝姿勢を保持
  • 3体圧分散で血行を妨げにくい
  • 4仰向け・横向きどちらでも快適
  • 5湿気がこもらずお手入れ簡単
1最先端技術の特殊立体構造
最先端技術から生まれた特殊立体構造

最先端技術から生まれた特殊立体構造です。

中芯はコンピュータ制御の新技術により理想的な特殊立体構造が実現できました。
約1900個もの点で全身を受け止め、圧迫感を緩和。特殊立体構造で沈み込みを
調整し、バランスのよい寝姿勢に。

断面イメージ
A層(重圧層)B層(分散層)C層(調整層)D層(保持層)
2体に自然な寝姿勢を保持
体に自然な寝姿勢を保持

体に自然な寝姿勢が得られます。

ベース部の立体的な構造がカラダの沈み込みを調整し、体に自然な寝姿勢が得られます。特徴は上層部の縦方向のスリットが、
重さが加わると周りまでも引き込み沈んでしまうハンモック現象を緩和し、カラダが独立支持によりしっかりフィットされます。

3体圧分散で血行を妨げにくい
体圧分散で血行を妨げにくい
調整圧

高度なクッション機能

クッション性が高く、寝返りがラク。
凹凸構造のブロックが、それぞれ独立して身体を保持。
そのクッション機能で沈み込みを調整し、
しっかりとボディラインにフィットします。

「体圧テスター」による圧迫部分の分散の比較
左:整圧しきふとん 右;一般的な敷きふとん

点のボコボコで支え、
圧迫を分散。
血行妨害を緩和します。

白い部分に強い圧迫が集中し
血行を妨げます。

4仰向け・横向きどちらでも快適
仰向け横向きどちらも快適

体圧を分散。睡眠中の血行を妨げにくい構造です。

上層部の多くの凹凸が体圧を分散し、クッション性を高め血行を妨げにくい構造です。

←圧迫が少ない圧迫が大きい→
仰向け寝
横向け寝
整圧®敷きふとん:
仰向け・横向きとも、体への圧迫が少ない。
一般の敷きふとん:
臀部や肩部への圧迫が大きい。
5湿気がこもらずお手入れ簡単
通気性がよく湿気を発散

通気性がよく夏快適。多くの空気層で、冬暖か。

ウレタン自体の無数の穴と、上層部とベース部のスリットが互いに交差することにより、湿気や汗などの水分を速やかに発散し、通気性がよく湿気がこもりにくい構造で夏は快適です。冬は、多くの空気層があるため暖かです。

お手入れがラク。

通気性がよいため、部屋に立てかけておくだけでOK。

通気性イメージ
PAGE TOP